糖質はとても優れたエネルギーなのです

| コメント(0) | トラックバック(0)
離乳食を始めたばかりの半年過ぎくらいの赤ちゃんに、甘いスイーツをちょっとあげてみるとものすごい勢いで食べます。

もう、それしか食べない。

あわててプレーンな正しい離乳食をあげても後の祭り、もうスイーツしか食べないと泣き叫びます。


それほど、甘味に対して我々は敏感ですし、大好きです。

どうしてでしょうか?

それは栄養分として極めて優れているからです。


甘味を構成しているのは主に糖質です、その最小単位はブドウ糖です。

このブドウ糖は我々の体がエネルギーとして利用する栄養素としては最も優れた成分です。

身体にすぐに取り込むことができて、すぐにエネルギーとして利用できます。


だからこそ、甘味、糖質の味に我々は敏感なんですね、そして好きなんです。

一瞬のスピードの速い遅いが生死を分けている野生動物にとってみれば、食べてすぐにエネルギーになる糖質は自分の生命線を握る重要なエネルギーであったともいえるわけです。

甘いの好きな方が生き残る確率は高くなるわけです。


赤ちゃんが食いつくのも分かりますよね(笑)。



ちなみに、糖質は我々の体の中にもたくさんありますよね、血液検査で血糖値とかはかるでしょう、我々の体は、重要なエネルギー源である糖質を常に一定の濃度に保つように出来上がっているわけです。

食物から摂取できればそれをコントロールして、食物から糖質が入ってこなければ、脂質などのほかの栄養分を使って体の中で新たにブドウ糖を作り出してまで、党の値を一定に保つように我々の体はできています。


それほど重要で大切な栄養分が糖なのですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://xn--oqqx32i2ck.com/mtos/mt-tb.cgi/20

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja

このブログ記事について

このページは、実践管理人が2012年4月 3日 21:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「昔、人間は糖質を食べることはほとんどなかった」です。

次のブログ記事は「めったに手に入らない優れたエネルギーを我々は手に入れてしまった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。