ダイエット中に飲んでもよいお酒

| コメント(0) | トラックバック(0)
ダイエット中にはお酒もやめなくてはなりません!

それがダイエットの基本だとされてきたのですが、実はそれは半分近くは間違いなのです。

(半分以上は正しいですね^^;)


どういうことかというと、お酒の種類によっては、ダイエット中に飲んでも問題ないということです。

どういうお酒かというと、糖質が入ってなくてアルコールと香りや糖質以外の味付けがメインのお酒ですね。

具体的には、蒸留酒です。

もっと具体的に言うと、しょうちゅう、ウイスキー、泡盛、コニャック、ジン、ウォッカなどですね。


一方、日本酒、ワイン、ビールなどの醸造酒は残念ですが、糖質を含んでいるので、ダイエット中の摂取は控えておいた方がいいのです。

これが、お酒の半分以上は飲んではいけないという主な理由です。



で、蒸留酒ならいくらでも飲んでいいかというと、そういうわけにはまいりません。

アルコールというのは燃やすことができるのでハイカロリーなのですが、我々の体に入ってきても、我々はそれを直接エネルギーとしては利用できません。

その点ではいくら飲んでもいいように感じるのですが、アルコールそのものが我々の体に負担をかけます。


アルコールを取り込んだ肝臓は、まず、アルコールをアセトアルデヒドに分解し、それから酢酸へと分解します。

(アセトアルデヒドは毒性が強い物質なのでこれを速やかに分解する酵素が欠落している人はお酒を飲むとすぐに酩酊します、飲んではいけない人たちですね。消毒綿で腕が真っ赤になる人たちです。)


酢酸は脂肪酸の原料となるので、アルコールを摂取しすぎると高脂肪酸血症になり易くなるそうです。

また、酢酸が産生される反応ではNADH2+が過剰になります。

CH3CHO + NAD+ → CH3COOH + NADH + H+


この反応はミトコンドリアのTCA回路を抑え込んでしまうので、糖新生が抑え込まれてしまいます。

つまり、脂肪の分解も抑え込まれてしまいます。

だからほどほどの飲酒で、普通の体格の人であれば、水割り250ml程度に抑えておくのがよろしげかと。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://xn--oqqx32i2ck.com/mtos/mt-tb.cgi/28

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja

このブログ記事について

このページは、実践管理人が2012年4月10日 21:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「糖質は食物から摂取しなくても肝臓で作り出せます」です。

次のブログ記事は「薬なしで糖尿病と高血圧を治す方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。